赤ら顔も治療で改善|目の下のたるみが老け顔の原因に直結|改善策はココ
レディ

目の下のたるみが老け顔の原因に直結|改善策はココ

赤ら顔も治療で改善

婦人

光の作用で赤ら顔を改善

東京は最新の美容医療を採用している、美容系クリニックが数多くあります。また、東京はクリニック数の数自体が、地方に比べ格段に多い事から美容医療を受けやすい、環境が整っている点も魅力です。フォトフェイシャルという美容医療も、東京の美容系クリニックではポピュラーに行われている治療法の1つです。IPLという特殊な光を肌に照射して、様々な肌トラブルを改善する効果が期待出来ます。スキンケアでは改善しにくい、赤ら顔もフォトフェイシャルでの治療で、改善が可能です。赤ら顔は毛細血管が拡張し、血液が皮膚を透けて見える事で、頬などが必要以上に赤く見える症状の事を言います。フォトフェイシャルは皮膚表面にある、広がった毛細血管を収縮させる作用がある為、赤ら顔を改善する効果の高い治療法です。

施術後の注意点とは

赤ら顔がコンプレックスでファンデーションやコンシーラーを使い、赤みをメイクでカバーしているという女性も多いのではないでしょうか。頬が赤いと子供っぽい印象を与えたり、肌に色ムラが出来てしまう為、美肌には見えないというデメリットがあります。メイクでカバーする事も可能ですが、やはりスッピンの時でもキレイな肌でいたいと思う方が大半です。赤ら顔が気になるのであれば、フォトフェイシャルでの治療をおすすめします。東京では赤ら顔の治療に、フォトフェイシャルを採用しているクリニックが多いので、クリニック探しも難しくないでしょう。フォトフェイシャル自体、肌への負担は少ない治療法なのですが、施術後は肌が敏感になっています。マッサージなどの刺激が加わると、肌へのダメージが考えられる為、フォトフェイシャル直後のスペシャルケアは避けましょう。